謹賀新年


2018.01.14 Sunday

Sです。

 

旧年中は何かとお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

年明け早々より高槻集合住宅の植栽工事(一期)が始まりました。現場はキリシタン大名で有名な高山右近の城跡がある閑静な住宅街の一角で、既設の集合住宅の隣に新設で建設されたもので、植物がお好きというオーナーさんのご要望に合わせ、日当たりにも配慮した豊富な植物を使ったデザインにもとづきガーデンづくりを行いました。特に植栽のない箇所には防草シートを敷設し、その上からジャミ(細かい化粧用の石)を敷きならし、植栽の根元にはバークでマルチング(乾燥防止や雑草対策)を行うなどメンテナンスを意識した見た目にメリハリのあるガーデンをめざしました。

 

 

<初日>資材(大量のジャミやバーク)や道具類搬入。真砂土の入った花壇等を植栽できる状態に整地作業を行ないながら、8トントラックで搬入された植木を受入れる。

 

     資材の搬入                植木の受入    


早速エントランスと裏庭にベニバナトキワマンサクを植付け、支柱と竹で生垣づくりを進めました。またエントランス入り口から裏庭に向けて真っすぐ奥の目立つ箇所にシマトネリコを植えこむ。

 

 

 ベニバナトキワマンサクの生垣


<2日目>
資材(ジャミやバーク)の搬入。エントランス部分にモミジやアオダモの植込み、その周囲にシャリンバイとタマリュウを植栽。また既設集合住宅に隣接した花壇にはシャリンバイを植込む。

 

        エントランス部分

         before        ⇒    after
<3日目>
裏庭の植栽のない箇所を整地してから防草シートを敷設していく。並行して裏庭のシェードガーデンに低木や地被類植物を植え込んでいく。
※shade gardenとは、日当たりが良くないところに、日陰が好きな植物や日陰にも耐えられる(耐陰性のある)植物や地被類を植えた花壇

 

   裏庭の植栽


<4日目>
3日目に引き続き裏庭の植栽を行い、ところどころにカット枕木を埋め込みデザインに変化をつけ、敷設し終わった防草シートをジャミで覆い、地被類を植え終わった箇所からバークを入れていく。
(二期)工事の真砂土が入った駐車スペースの花壇にシャリンバイを植込み、一期全てと二期一部の植栽工事を仕上げることができた。
最後に植え終わった植栽にたっぷり水をまき、現場周辺の掃除を行い工事完了!

 

       裏庭・シェードガーデン

                    before              ⇒         after   

 

今回の植栽工事は、集合住宅一部の箇所にフェンスが設置されるということで、年末に防草シートとジャミを入れる作業に入るなど、年末から正月にかけて、元請けとの工事スケジュール調整が大変で、現場責任者のK専務の苦労もなかなかのものでした。

 

                         防草シートとジャミ石

 

特に資材の手配、そして植木類の搬入なども変更もあって、年明けの工事初日から緊張のスタートでした。また堺から高槻への毎日6時出発するなど長丁場の一日でもあり寒波襲来による寒さも半端なく、毎日カイロをいくつか身につけてから作業するのが日課でした。

 

K専務はじめスタッフのUくん、Yさん、Tさん、本当にお疲れ様でした。
そして次回もよろしくお願いいたします。





 

年の瀬


2017.12.28 Thursday

Sです。

 

毎年暮れになるとお客さんのところに門松を配達しています。
慌ただしい年の瀬ですが、門松を車にのせて運ぶときは、新年を迎える華やかで少しわくわくした気分になれます。♪♪

 

       出荷前の門松(卸市場)

門松はご存知のように、竹や松で作られた正月飾りで、家の門の前などに立てます。歳神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が迷うことなく家にいらっしゃるよう目印になるのが門松と考えられています。更に付け加えれば樹木には神様が宿ると考えられており、中でも松は「祀る(まつる)」につながる樹木であることから、おめでたい樹木として正月の門松に使われるようになったそうです。
門松の歴史も古く、平安時代後期の文献に初めて登場しており、その文献では、当時は松だけを飾っていたようです。室町時代になってから、長寿を象徴する竹も一緒に飾られるようになったと言われています。このように門松は日本の歴史に根付いた由緒ある風習とも言えます。

 

     お客様に納品した門松

 

今年1年(株)エコ・ワークスのHPをご覧いただいた皆様 誠にありがとうございました。
スタートしたばかりのスタッフブログですが、こちらもこれからご覧いただけたら幸いです。

本年最後のスタッフブログの題材が、おめでたい「門松」ということで、来年も皆様にとりまして「おめでたい年!」となりますように祈念いたしております。どうか来年もよろしくお願いもうしあげます。

    

                                   





 

雑草魂


2017.12.19 Tuesday

Sです。

 

毎朝4時20分からNHKで放送している「視点」という番組で、先日、静岡大大学院の稲垣教授が、「雑草と日本文化」というテーマで解説していました。造園屋という仕事柄、雑草処理には苦労させられているのでついつい見てしまい、なかなか興味深い内容だったので紹介します。

 

 

【日本には雑草魂という言葉があります。無名の努力家や苦労人たちは「雑草のような人だ」と評されます。本来邪魔者のはずの雑草が、面白いことに日本では良いイメージがあります!例えば「あなたは、雑草のような人ですね」と言われると、どこか褒められたような気がする。これが「あなたは、温室育ちの人ですね」と言われることと比べるとどうでしょう?
温室育ちの作物は、とても良い環境で大切に育てられたエリートの植物です。でも日本人はエリートであるより、雑草であることを好む傾向にあるようです。
日本は高温多湿なため、世界に比べても作物はよく育ち、森の木々もよく成長する。その代わり雑草も生い茂ってしまう!さらに日本は自然が豊かで、その豊かな自然が人間にとって大きな脅威にもなります。
但し、雑草は単なる邪魔者ではなく、昔の人たちは雑草を刈っては、田畑の肥料にしていました。
物事には良い部分と悪い部分がある。それが日本の自然観と言えます。一方欧米の人たちは、善悪を明確にする傾向にあり、逆に日本人はあいまいであると言われる。このように日本人のあいまいさは、日本の自然の豊かさに関係しているかもしれません。
特に自然は大きな力を持っているため、この自然に逆らい征服することは簡単にはできません。そこで日本ではこの強い力に逆らわず、受け流し、それを利用するという考え方が、自然と向き合う中で日本人が培ってきました。
例えば柔道や相撲などでも「相手の力を利用する」という戦い方を好みます。このように相手の力を利用するというのは雑草の戦略と同じです。日本人の強さは、雑草の強さに似ているようにも思います。
では雑草の強さとは何でしょうか。実は雑草は競争に弱い植物です。そのためたくさんの植物が競争を繰り広げている深い森の中などには生えることができません。その代わり、雑草は競争の起こりにくい場所に生える。それがよく踏まれる道ばただったりします。そのような場所では、競争とは別の強さが必要となります。それは「逆境を力にする」「変化に対応する」という2つの強さです。
つまり雑草は、「大きな力に逆らわず、しなやかに受け流す。そしてその逆境を力に変える!」という戦略をもっています。
歴史を振り返れば、日本人も、大きな災害や時代の波を乗り越えてきました。変えられないものは受け入れる。しかし決してあきらめることなく、自ら変化することでそれを乗り越えてきました。変化を乗り越える雑草の強さは、まさに日本人の姿を連想させます。
「雑草魂」という言葉を聞くと、踏まれても、踏まれても立ち上がる姿を思い浮かべます。しかしこれは誤りで、雑草は何度も踏まれると立ち上がってくるこはないのです。雑草にとって大切なことは、花を咲かせて種子を残すことです。ということは踏まれても立ち上がるという無駄なエネルギーを使うより、踏まれながら花を咲かせる方が良いし、踏まれながら種子を残す方が合理的となります。そのため雑草は踏まれたら立ち上がりません。しかし、踏まれても、踏まれても花を咲かせ、種子を残すのです。つまり大切なことがブレないからこそ、雑草は自在にその形や伸び方を変化させることができます。大切なことを見失なわない生き方。それが本当の雑草魂です。
私たち日本人にとって「変えてはいけない大切なもの」とは何でしょうか?


雑草の生き方をながめていると、日本人の真価が問われているような気がしてなりません。】

 

 





 

ウエディングブーケ


2017.12.04 Monday

Uです。

 

今は造園屋で働いていますが、以前結婚式場を演出するウエディングの装花をコーディネートする仕事をしていました。
そのようなキャリアから会社に注文があり、ウエディングブーケを久々つくる機会をいただきました。
新婦さんからの希望は、ナチュラルな感じで、ふわっとした優しい雰囲気のクラッチブーケということで、久々に仕入れから製作までイメージを膨らませながら奔走してブーケを仕上げました!

 

 

 


新婦さんに届けると非常に喜んでもらい、新婦の友人からも「すごくきれいね」と好評だったとも聞きホットしました。
普段は土やほこりにまみれて作業することも多いですが、このように昔取った杵柄ではないですが、これまでの経験が役立ち、なつかしいあの頃を思い出しながらエレガントな気分に浸りことができました♪





 

クリスマスイルミネーション


2017.12.04 Monday

Sです。

 

11月下旬に大阪市内のマンションの7mほどの高さのモミの木にクリスマスイルミネーションを取付ける作業をしました。
このマンションは植栽の種類も多く、過去に大阪市の緑化コンクールにも入賞した実績もあるマンションだけに、住んでいる方の植物に対する意識も非常に高いものがあります。
今年からこのマンションの植栽管理に入らせていただいていますが、作業に入るときは常に慎重におこなうよう心がけています。
クリスマスイルミネーションはこのマンションの恒例行事になっており、聞くところによるとイルミネーションが点灯している期間は見物客も訪れるほど周辺地域の人気スポットになっているようです!
それだけに住民の方の思い入れも強く、作業を見守るマンションの方々の視線には熱いものがありました!
実際の取り付け作業としては、身軽なスタッフ2名が脚立、はしごを登っていきモミの木のてっぺんから星の飾りを設置するところから始まります。


360度どの方向からも水平に、見栄え良く見えるように位置決めするのに多少手間取りましたが(^_^;)、何とかクリアーし次は大きさの異なる2つの輪っかを樹幹の上の方から順番に固定し、そのあとは固定した輪っかを中継する形で、イルミネーションを取り付けるための骨組みとなります支柱をてっぺんから裾野(地面)までに何本も設置していくのですが、これが一番出来栄えに影響する作業で、この支柱が木の途中でふくらんで取り付けたりすると、イルミネーションも非常に不格好になります。従っていかにてっぺんから裾野までなだらかに支柱を取り付けるかが重要になってきます!


そしていよいよ作業の大詰めでありますイルミネーションを螺旋状に巻きつける作業です。
雨が降るなど天候が悪く、朝から始まった作業も一時中断したりで午後の後半までかかり長時間に及びましたが、イルミネーションが点灯されたときは、思わず作業した我々もマンションの方々からも歓声がでるほど感動ものでした。


造園屋の仕事というのは年末(正月前)にかけては慌ただしい日々となりますが、一足早いクリスマス気分を味わうことができて、なんとなくほんわかした気持ちに浸ることができました。(^O^)
このような作業させていただいたお客さんに感謝です。

 





 

新体制として進んでいます


2017.11.01 Wednesday

Sです。

 

8月31日をもって退任しましたひとみ社長の後を引き継ぎました新社長の下村と申します。ひとみ社長同様どうぞよろしくお願いいたします。
9月1日付でご挨拶すべきところですが、あれよあれよと日にちが過ぎ去ってしまい今になってしまいました・・。
就任するまでは、社長業なんて何とかなるさ!と思っていましたが、日々過ごすうちに、自分がいかに浅はかな考えであったことに気づかされました。つまり「社長というものは、大きな役目をもつとともに、一方で孤独であるということ!』です・・・。
このようにプレッシャーを感じながら、これまで前社長にどれだけ甘えさせてもらっていたことも遅ればせながら実感しています。

そしてひとみ社長が13年間守ってきた会社を継続させる責任の重さを感じながら手探りで進んでいる現状です。
但しひとみ社長が培ってくれた取引先や人間関係も、私にとっては大きな励みにもなっていますし、何よりも力強いスタッフがこれまで同様いてくれることが大きな支えであり前進するうえで大きな原動力となります。
これからはスタッフと力を合わせ頑張っていきたいと考えています!
ひとみ社長には、これからはオーナーの立場で会社を見守ってもらうことになりす。これまでご愛顧いただいた「ひとみ社長のブログ」は、一旦終了となりましたが、アーカイブという形で見ていただくことができます。
そして新体制で進んでいくことを皮切りに、このたび「スタッフブログ」を立ち上げました。どうかこちらのブログについてもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 





| 1/1PAGES |

 

calendar


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
 

selected entries

 

archives

 

profile

 

サイト内検索



ーーーーーーーーーー