謹賀新年(No.6)


2018.01.14 Sunday

Sです。

 

旧年中は何かとお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

年明け早々より高槻集合住宅の植栽工事(一期)が始まりました。現場はキリシタン大名で有名な高山右近の城跡がある閑静な住宅街の一角で、既設の集合住宅の隣に新設で建設されたもので、植物がお好きというオーナーさんのご要望に合わせ、日当たりにも配慮した豊富な植物を使ったデザインにもとづきガーデンづくりを行いました。特に植栽のない箇所には防草シートを敷設し、その上からジャミ(細かい化粧用の石)を敷きならし、植栽の根元にはバークでマルチング(乾燥防止や雑草対策)を行うなどメンテナンスを意識した見た目にメリハリのあるガーデンをめざしました。

 

 

<初日>資材(大量のジャミやバーク)や道具類搬入。真砂土の入った花壇等を植栽できる状態に整地作業を行ないながら、8トントラックで搬入された植木を受入れる。

 

     資材の搬入                植木の受入    


早速エントランスと裏庭にベニバナトキワマンサクを植付け、支柱と竹で生垣づくりを進めました。またエントランス入り口から裏庭に向けて真っすぐ奥の目立つ箇所にシマトネリコを植えこむ。

 

 

 ベニバナトキワマンサクの生垣


<2日目>
資材(ジャミやバーク)の搬入。エントランス部分にモミジやアオダモの植込み、その周囲にシャリンバイとタマリュウを植栽。また既設集合住宅に隣接した花壇にはシャリンバイを植込む。

 

        エントランス部分

         before        ⇒    after
<3日目>
裏庭の植栽のない箇所を整地してから防草シートを敷設していく。並行して裏庭のシェードガーデンに低木や地被類植物を植え込んでいく。
※shade gardenとは、日当たりが良くないところに、日陰が好きな植物や日陰にも耐えられる(耐陰性のある)植物や地被類を植えた花壇

 

   裏庭の植栽


<4日目>
3日目に引き続き裏庭の植栽を行い、ところどころにカット枕木を埋め込みデザインに変化をつけ、敷設し終わった防草シートをジャミで覆い、地被類を植え終わった箇所からバークを入れていく。
(二期)工事の真砂土が入った駐車スペースの花壇にシャリンバイを植込み、一期全てと二期一部の植栽工事を仕上げることができた。
最後に植え終わった植栽にたっぷり水をまき、現場周辺の掃除を行い工事完了!

 

       裏庭・シェードガーデン

                    before              ⇒         after   

 

今回の植栽工事は、集合住宅一部の箇所にフェンスが設置されるということで、年末に防草シートとジャミを入れる作業に入るなど、年末から正月にかけて、元請けとの工事スケジュール調整が大変で、現場責任者のK専務の苦労もなかなかのものでした。

 

                         防草シートとジャミ石

 

特に資材の手配、そして植木類の搬入なども変更もあって、年明けの工事初日から緊張のスタートでした。また堺から高槻への毎日6時出発するなど長丁場の一日でもあり寒波襲来による寒さも半端なく、毎日カイロをいくつか身につけてから作業するのが日課でした。

 

K専務はじめスタッフのUくん、Yさん、Tさん、本当にお疲れ様でした。
そして次回もよろしくお願いいたします。





コメント
コメントする








   

 

calendar


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
 

selected entries

 

archives

 

profile

 

サイト内検索



ーーーーーーーーーー